マジメに取り組む

パーソナルトレーニング

ウォーミングアップから始めるのがルールですが、横浜にはフィットネスの要素を兼ね備えたボクシングを行えるジムが点在しています。効果を期待するためにトライする本人が気をつけるべきことは、みてくれではなく、いかにマジメにトライするかということです。ジム通いするということは、基本的に体力強化を目的としていますが、なかにはストレス発散を目的とする人がいます。ボクシングは格闘技ですから、ダイエットや肉体改造を目的とした人に利用価値が高いようですし、もちろん、女性ならば護身用に身につけるのもアリです。しかしながら、マジメに行わないのであれば、自己流と同じ程度の効果しか期待できません。ダイエットならばリバウンドをしない体作りができるか否かは、マジメに取り組む姿勢でしかありません。初心者や運動が苦手な人もいるでしょうし、プロ選手を目指す人もいるでしょう。ジム・スポーツクラブにはその人、その人に合ったペースでトレーニングできる時間も用意されていたり、指導するインストラクターもいます。よく「痩せられますか」という相談が寄せられますが、パンチやキックを繰り出すことで引き締めることはできますが、減量は健康面で体に負担がかかるもの、リスクのある選択はインストラクターもストップをかけることになります。

基本は体づくり

女性

ベースは格闘技になるので、トレーニングをすることで基礎代謝が高まり、筋肉がつき、身を守るスキルまでも高めることができます。横浜でもフィットネススタジオ・ジムなどでボクシングが提供されています。サンドバッグやミットを叩くことにより体力アップを図ることができますし、豆知識としては汗を流すことや集中して何かしらに打ち込むことがストレス発散に繋がる話しですから、ストレスフルなことがあるなら、利用してもいいかもしれません。フィットネス・ボクシングジムなどでは、個人のレベルに合わせた実践的なトレーニングも行いますが、もちろん、安全に配慮し、柔道整復師や整体師、整形外科などと連携をとるジムもあります。フィットネスではしなやかな体をつくり、ボクシングでは筋トレで体を強化できます。代謝がアップするだけなのに、ダイエットではリバウンド予防にも効果的ですし、筋トレで簡単に感染症にかからないなど、風邪をひきにくくなるといいます。横浜にあるジムでは、グローブやヘッドギアも自由に利用ができますし、何より、マンツーマン指導をウリにしていますから苦手意識も払拭できます。

広告募集中